背油カンパニー
劇団背油こってり団長のブログ
プロフィール

ルースウィー・ラブグッドウィル

Author:ルースウィー・ラブグッドウィル
大分で活動する劇団背油こってりの団長ルースウィー・ラブグッドウィルのブログ
背油こってりはわかりにくい世界観とわかりやすい魂を表現することを目指した劇団

最近大分戯曲研究会発足しました
大分市内で月に一度課題戯曲についてディスカッションします
興味あったら連絡下さい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり第五回(解散)公演「BUGS」

脚本
ぶりちゃん

演出
ルースィー・ラブグッドウィル

日時 2012/03/20(火・祝)
   昼の部:開演14:00 (開場13:30)
   夜の部:開演18:00 (開場17:30)
   
お金 前売:1,200円
   当日:1,500円
会場 AT HALL


あらすじ・解説など
「世界はもっと、広いんだ」と少年は言った。
「馬鹿なことを言うな」と父親は怒鳴った。
「たかだか直径4キロなのだし、そんなに広くはないと思うのだけれど」とアンドロイドは言った。
「彼はなにを言っているんだい」と市民は言った。
「彼は、大丈夫なのかい」と市民は言った。
端に壁なんてない。世界はもっと、はるかに広いはずなんだ。

※これで最後の公演となります
 解散後はほぼ絶対確実に再結成しません
 背油では最後の演劇です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり公演情報

九州若手規格#1 ムニムニ

期間  2011/12/16(金) ~ 2011/12/18(日)
会場  枝光本町商店街アイアンシアター
料金 1,500円 ~ 1,800円
発売日 2011/10/16
前売1800円
当日1500円
サイト http://munimuninet.jugem.jp/


【出演団体】

劇団ブルーエゴナク(北九州)
WETBLANKET(福岡)
不思議少年(熊本)
劇団背油こってり(大分)


九州を活動の拠点とする今一番熱い若手演劇人たちが「面白いことやろうじゃないか」と立ち上げた団体「九州若手規格」のイベント第1弾!
ピチピチじゃない、ムニムニとした感じが伝わること間違いなし!
九州各地(北九州・福岡・大分・熊本)より集った4劇団が同日に同場所で、それぞれの作品をぶつけ合います。

仲良くしたいだけじゃない。
すきあらば出し抜きたいんだ。

若手同士の熱のぶつけ合い、見逃すな!

無事終了しました
ありがとうございましたー
~~~~~~~~~~~~
ついったー→hiroshixi
めーる→da.hiroshi.code\gmail.コム
\を@にコムをcomに

どうぞどうぞ

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
Twitter

hiroshixi < > Reload

ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


劇団背油こってりが解散してから時間がたってしまいましたが
ようやくブログを書きます

劇団背油こってりは、第五回「BUGS」を持ちまして、結成時の予定通り三年間の活動を経て、無事解散まで走り抜けることができました
まずは、我々の作品を観劇していただいた皆様、支えてくださった方々、興味を持って吹聴していただいた皆様にお礼の言葉を差し上げたいです
ありがとうございました



ずぼらだからこれまでの全活動ってなにがあったろうと
記録をまとめてないのでぼんやり思い出す事しかできませんが
三年間五回公演といえど、客演を出したり、ゲストで来ていただいたり
県外でも公演をしたし、小さな単独じゃないイベントも何度かしたし
それらの小さなイベント入れると、9つの公演をしたんじゃないかしら


俺個人の話でいくと、それともう(たしか)3本役者を外部でやらせてもらっているので
背油立ち上げてからの三年間で12本作品をつくったことになりますな
字面で書くとなかなか立派なペースですな
さらに卒業研究もしっかりしてましたから、B判定もらいましたもんね
ああ、けっこう怠け癖のある僕にしては立派ですわ
振り返って結果だけ眺めて満足しとこうそうしよう


その中でも「BUGS」はとりわけ思い入れの深い作品となりました
背油作品の中で、第三回までは新しい思い付きで遊ぶ実験

一回目「彼らによろしく~宇宙編~」は私が個人的にあまり好みではない学園もの、んで好きなSF
ちゅうか、大学生がやる高校の学園物ってのがとにかく格好悪くて
だからそれをあえてやってみた、んです

二回目「スリットゴースト」は大きな装置を組みたかった
だから組んでみた、結果仕込みバラシで地獄を見た
24時間ほぼ不眠不休で仕込み公演バラシそして打ち上げ片付けを行った、一番疲れた公演

三回目「その音はいまや憂いを帯びて」は時系列をいじってみたかった
そしていわゆる泣ける話みたいなものを地で行きたかった
この公演で結構演出的に自由度が出てきた

そして四回目は総集編
四回目「ネコとネズミの、あるいはラフストーリー」はこれまで試した全てをつぎ込んだ
学園物じゃないけれど、SFで、部屋をこしらえて、コスプレ作って、時系列をいじって空間をいじって
さらにちょろっと立ち回りやって
だからそういったやりたいことを詰め込んだ作品

それで五回目は直感でつくりたくて、ほとんど直感でつくりました
これまでは結構ロジックを練って演出を考えていたのですが
今回はロジックは練るは練ったのですが、稽古場で直感で出たものを優先させてつくり
俳優にも直感を信じて動いてもらうというやり方でやって
だから背油的な文法ではなかったけれども
最後の最後でじっくり煮込んだスープにこってりしたものを抽出できたんでなかろうかと
俺は思っております

あたまっから期間限定と言ってはおりましたが
モラトリアムのカーニバルではなく
(最終公演を残して去っていった者も、また最終公演で合流したメンバーもいたり)
いつまでも続くかのような公演を心がけてきたつもりで
まさに夢のような時間で
また寝れば背油の次回の構想を飲みながら語り合う時間に再突入するのではないかと
そんな錯覚を起こしています
背油でしかできない公演に徐々になっていっていたし
必殺技もいくつか発生してきていました
しかしきっぱり解散です
県外でも背油やってましたといえば、ああなるほどと言ってもらえるうれしい状況にもなってきましたが
やっぱり解散です
一番いいところでやめるのが最高にかっこいいです、劇団背油こってりはかっこいい劇団でした


そして、別に客観的にそうみえなくても俺がそう思えばいいのです
観客のために芝居してるわけじゃねえんです
それはこれまでも変わらんし、これからも変わらないです
納得いかねえそれはおかしいと思う人は、じゃんじゃんお話しましょう
遊んでください



そんなわけで背油カンパニーはこれにて最終回
更新の遅いクソブログ、読んでいただき、ありがとうございました
ブログは名前を変えてまたとぼとぼ続けます、そのうち


私ルースィーは今後活動の場を北九州に移して演劇なりなんなりを続けます
また、どこかの公演でお会いしましょう
劇団背油こってりを、ありがとうございました
スポンサーサイト

大分大学演劇部に在籍してたメンバーを中心に組まれた劇団
団長ルースィー・ラブグッドウィルを中心に4回ほどの公演を予定
メンバーは公演ごとにごっそりと変わるけれどもユニットではなくあくまで劇団
モヤシ系草食系男子と背油こってり間近な女子たちによる情熱の塊を届ける
脚本・演出・音楽・映像・振り付けにいたるまで全手作りにてお届けまする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。