背油カンパニー
劇団背油こってり団長のブログ
プロフィール

ルースウィー・ラブグッドウィル

Author:ルースウィー・ラブグッドウィル
大分で活動する劇団背油こってりの団長ルースウィー・ラブグッドウィルのブログ
背油こってりはわかりにくい世界観とわかりやすい魂を表現することを目指した劇団

最近大分戯曲研究会発足しました
大分市内で月に一度課題戯曲についてディスカッションします
興味あったら連絡下さい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり第五回(解散)公演「BUGS」

脚本
ぶりちゃん

演出
ルースィー・ラブグッドウィル

日時 2012/03/20(火・祝)
   昼の部:開演14:00 (開場13:30)
   夜の部:開演18:00 (開場17:30)
   
お金 前売:1,200円
   当日:1,500円
会場 AT HALL


あらすじ・解説など
「世界はもっと、広いんだ」と少年は言った。
「馬鹿なことを言うな」と父親は怒鳴った。
「たかだか直径4キロなのだし、そんなに広くはないと思うのだけれど」とアンドロイドは言った。
「彼はなにを言っているんだい」と市民は言った。
「彼は、大丈夫なのかい」と市民は言った。
端に壁なんてない。世界はもっと、はるかに広いはずなんだ。

※これで最後の公演となります
 解散後はほぼ絶対確実に再結成しません
 背油では最後の演劇です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり公演情報

九州若手規格#1 ムニムニ

期間  2011/12/16(金) ~ 2011/12/18(日)
会場  枝光本町商店街アイアンシアター
料金 1,500円 ~ 1,800円
発売日 2011/10/16
前売1800円
当日1500円
サイト http://munimuninet.jugem.jp/


【出演団体】

劇団ブルーエゴナク(北九州)
WETBLANKET(福岡)
不思議少年(熊本)
劇団背油こってり(大分)


九州を活動の拠点とする今一番熱い若手演劇人たちが「面白いことやろうじゃないか」と立ち上げた団体「九州若手規格」のイベント第1弾!
ピチピチじゃない、ムニムニとした感じが伝わること間違いなし!
九州各地(北九州・福岡・大分・熊本)より集った4劇団が同日に同場所で、それぞれの作品をぶつけ合います。

仲良くしたいだけじゃない。
すきあらば出し抜きたいんだ。

若手同士の熱のぶつけ合い、見逃すな!

無事終了しました
ありがとうございましたー
~~~~~~~~~~~~
ついったー→hiroshixi
めーる→da.hiroshi.code\gmail.コム
\を@にコムをcomに

どうぞどうぞ

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
Twitter

hiroshixi < > Reload

ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.12.20_13:49
九州若手規格#1ムニムニにご来場、おうえん、まことにありがとうございました
全員無事に舞台を降りることができました

今回は三日間にわたる公演でして、私としては多くの出来事や発見がありまして
そいつを書いてみようかしらんと思います

スポンサーサイト

背油の四回目の公演終わりました
ご来場ありがとうございました

公演終わりと同時に心と体が溶け崩れて、今日のお昼ご飯を詰め込んだあたりでやっと落ち着きました
めでたしめでたし


おわったことなので、少し作品の解説というか、観かたのようなものを
こうすればちったぁわかるかもよ的なのを


今回の作品に限ったことではありませんが
もちろん、俺の力が足りなくて計算がちぐはぐとなって、ストーリーに穴があったりするところも、もうそれはそれはきっとたくさんあるのでしょうが(粗ってやつが)
それは今後埋めていく努力をするので、ちょっち完璧な作品は待っていて欲しいのですが
(待てども待てども期待にかなうかわかりませぬが)
そのへんは素直にごめんなさいと本当に思うんで、目をつぶってもらうとして、がんばるんで次はもっともっと楽しくなるはずですんで

俺は意図的に話をわからなくすることとか、複雑にして理解を追いつかせないとかやってます
もちろん、煙に巻いて粗をごまかすためではなくて、その時々のストーリー的もりあがりだったり
印象を薄くすることによって際立たせる的な
生意気にもそーゆーギミックもあれこれ考えていたりします

その効果のうちのひとつに、観ている人に好きに想像してもらいたいっていう願いがこもっているところもあります
だからわからないから教えてって言われると困ります
その後の登場人物たちがどうなったのか、俺にもわかりません
一人は傷心のたびに出かけたり、経験を生かしてラッパーになったら大失敗してしまったり
実は登場人物の子供たちが次回作の主人公なのであるとかいう裏設定もあったりなかったり
とか俺は勝手に想像していますが


伝えたいことがメッセージじゃなくて、メッセージの動機かも知れないじゃないか
演技がすべからくストーリーに絡む必要はないじゃないか
演劇の本質はストーリーだと俺は思わないから

と、もっと能動的にあれこれ好き勝手に自分の脳みそで妄想していただくと
(作者の意図と同じ必要なんかないし、答え合わせもいらない)
楽しく演劇を観られるのではなかろうかしらん
少なくとも俺は演劇(とかダンスとか絵とか音楽もそうだけど)観るときはそうやって心がけて楽しんでいます、特にわがらねえってなったときは
んで、どう思ったかなど、帰りにコーヒーやさんとかでわーわー言い合うのも楽しいです

そんな人が作っているから、きっと自由にもっとてきとーに見るのが、楽しい背油の観劇方法なのではないかと思いました




そんで次回背油公演の情報は続きを読んでください





トレロカモミロに客演で出させていただいたハキダメの詩Re-Barth無事終了しました
楽しい公演になりました、良かったです

もう五年前ほどになるでしょうか、大分で初めてカモミロを見て
そこからあの人たちかっこええなあとあこがれて
んでカモミロで今回やらしてもらって
ちっとは俺もかっこよくなってきているのだろうか、なったに違いない、なったなったと
自分を騙したり自信をもったりして
結果としては楽しい演劇の時間を送ることが出来た

んであのころかっこええなあ、演劇面白いなと大分の片隅で熱い視線を送っていた少年は
俺もあの舞台でそんな感じの視線をもらうことが出来たのだろうか、とふと思ったりする
カモミロファンの大人な方々に、今回も面白かったなと思っていただけたのであろうか、とも思ったりする
それはまだわからないし、もらうほどまだかっこよくはなってないかもしれないけど
ちょっとずつ演劇上手になっていって楽しく出来るようにはなっていってる気はする


某県の有名なうんちゃら劇団で東京公演打ったわけでもないけど
はたまたどこかの県の有名ななんとか劇団で鍛えられたわけでもないけど
何とか県の某プロデュース公演に参加したわけでもないけど
しっかり頭と身体と青春カレンダーつぶして面白いもの創ったんだから
評価されたいとかじゃないけど
なめんなよ、と言いたい
しっかり面白いこと素敵な人たちとガツガツとやってきたんだぞとわかって欲しい
主に人の起こしたイベントで上手になった気でいる層に、言いたい。
ぎゃーすぎゃーず言ってもかっこ悪いので具体的には、演劇みせて黙らせる手法をとりたい
またしかしこれは別のお話



次回は一ヶ月後となりましたが
劇団背油こってりの公演のほうもよろしくお願いします
そこで次の活動のお知らせもするかもしれないので
ぜひ大分から若者が飛び立つさまを上から斜めから眺めにやってきてください
ではまたアトホールでお会いしましょう!
チケットまだまだございます

劇団背油こってり第一回公演
彼らによろしく~宇宙編~
脚本・演出 ルースィー・ラブグッドウィル

出てる人
宇宙人   バックボーン無太郎
天狗    583(こばさん)
人魚    B型むちょらー
イエティ兄 10月の豚
イエティ妹 胃石あやや
ミス研くん ぶりちゃん
いぷぽたお 来来鹿鹿
べねすねす 一角獣いっくん

作った人
振り付け  あいこーん
音楽・照明 都の巽
衣装    小野
美術    ヤマグチ
映像    来来鹿鹿


公演について
満席御礼
ご来場、応援いただいたみなさままことにありがとうございました
これから短い期間ですが背油をよろしくおねがいします


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。