背油カンパニー
劇団背油こってり団長のブログ
プロフィール

ルースウィー・ラブグッドウィル

Author:ルースウィー・ラブグッドウィル
大分で活動する劇団背油こってりの団長ルースウィー・ラブグッドウィルのブログ
背油こってりはわかりにくい世界観とわかりやすい魂を表現することを目指した劇団

最近大分戯曲研究会発足しました
大分市内で月に一度課題戯曲についてディスカッションします
興味あったら連絡下さい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり第五回(解散)公演「BUGS」

脚本
ぶりちゃん

演出
ルースィー・ラブグッドウィル

日時 2012/03/20(火・祝)
   昼の部:開演14:00 (開場13:30)
   夜の部:開演18:00 (開場17:30)
   
お金 前売:1,200円
   当日:1,500円
会場 AT HALL


あらすじ・解説など
「世界はもっと、広いんだ」と少年は言った。
「馬鹿なことを言うな」と父親は怒鳴った。
「たかだか直径4キロなのだし、そんなに広くはないと思うのだけれど」とアンドロイドは言った。
「彼はなにを言っているんだい」と市民は言った。
「彼は、大丈夫なのかい」と市民は言った。
端に壁なんてない。世界はもっと、はるかに広いはずなんだ。

※これで最後の公演となります
 解散後はほぼ絶対確実に再結成しません
 背油では最後の演劇です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり公演情報

九州若手規格#1 ムニムニ

期間  2011/12/16(金) ~ 2011/12/18(日)
会場  枝光本町商店街アイアンシアター
料金 1,500円 ~ 1,800円
発売日 2011/10/16
前売1800円
当日1500円
サイト http://munimuninet.jugem.jp/


【出演団体】

劇団ブルーエゴナク(北九州)
WETBLANKET(福岡)
不思議少年(熊本)
劇団背油こってり(大分)


九州を活動の拠点とする今一番熱い若手演劇人たちが「面白いことやろうじゃないか」と立ち上げた団体「九州若手規格」のイベント第1弾!
ピチピチじゃない、ムニムニとした感じが伝わること間違いなし!
九州各地(北九州・福岡・大分・熊本)より集った4劇団が同日に同場所で、それぞれの作品をぶつけ合います。

仲良くしたいだけじゃない。
すきあらば出し抜きたいんだ。

若手同士の熱のぶつけ合い、見逃すな!

無事終了しました
ありがとうございましたー
~~~~~~~~~~~~
ついったー→hiroshixi
めーる→da.hiroshi.code\gmail.コム
\を@にコムをcomに

どうぞどうぞ

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
Twitter

hiroshixi < > Reload

ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


完全に月間背油カンパニーに成り下がってしまっていますね
いいんですか?
いいんです

背油は3月の5回目の公演に向けてぼちぼち準備を始めました
間に合うのでしょうか?乞うご期待
んで解散間近のこんな時期ですが、新メンバーが入りました
その名もジュンジュンくん

関西出身の現在大学生で
どうも関西のほうで背油のうわさを耳にしたらしく、
しかしこんな先のない劇団なんてしょーもなかろうとも思ったのですが
どうしてもかかわりたいとの熱意に押され、入団が決定いたしました
最後までよろしくお願いします


んで、これから本題の、また芸術について考えてみたことをば




スポンサーサイト

2011.04.15_01:13
おいらの古巣で、友達いないからかまってもらいたくて、いまだに仙人として光臨する大学の演劇部
新しいゆかいな部員たちが入ってたから活動をみにいった
んでそれとなく引き出し開いていろいろ押し付けてきた

まだ声もだしきらぬ、俳優の入り口を開けたばっかの新入部員たちたち
これから四苦八苦して彼らの先輩たちと演劇作っていくんだろう、がんばーれ
きっと楽しい三年間だ


まだまっさらな彼らをみたり、いろいろ癖がついている人らをみたり、先輩たちをみたり
後輩に聞かれた演劇の基本ってなんじゃろなとか考えたりして、考えてた

たとえば劇団の普段の訓練、とか演劇部んときもそうだったけど、日々の訓練
発声に始まり、柔軟、筋トレ、コミュニケーションゲーム、なにやらよくわからんゲーム的なの
これらは全部大体身体作る訓練
俳優的にいうと魂の器をつくる作業
ほんだら魂を磨く訓練しないのだろうかしらん

たましいを磨く訓練、これは難しい
長いこと演劇やってるおいらの知ってる俳優さんとかは、身体は美しい
だけども魂はこもってない、と思うことがある
思うに、けっこう長いことやってる人でも
心技体でいうところの技をひたすらやってた人がいるんじゃないかと
わたしはそういう風に考える
演劇部時代三年間そういう訓練ばっかしてたきがする

心技体の三位一体、昔から言われるように何するにもこれは基本
だけども心ってのが難しい
説明しろっていわれると思わず、そればっかはセンスだよって言ってしまいそうな気がする

うん、言ってもいいと思うし、センスでまかなえる部分かもしれない
いわゆる天才っていわれてる人はここのスキルが高い人多いと思う


ちょっと話が飛躍して
おいらががんばって勉強して続けて
もしも将来ワークショップなんかやっちゃえる人になったとする
果たしてそうなったときに、技と身体はしっかりやって、あとはセンスだよと投げっぱなしにしていいですかと
そりゃよくない
センスだよと言い切るなら、そのセンスを伸ばす方法も同時に伝えていかなければいけない

おいら個人としては
そのセンスの伸ばし方のコツみたいなもんは本読んだりワークショップ行ったりでなんとなーくつかんだし
そこを磨く入り口には立ってるんじゃないかと思うし
つうか出るとこ出たら今まで書いてるの常識だし
問題は、しっかりそれを指導していかねばいかんと言うこと、ってことなんです

これからのトレーニング開発のヒントを得れたなあって思った最近のできごとでした

2011.03.29_01:20
青年団、平田オリザさんの作演出のバルカン動物園
少し内容に絡みます


裸の王様だって国動かしてる偉い人
ちょっとあほには見えない服着せられたとしても
ボロをまとった子供に裸ジャンと言われてアホの象徴見たく言われるのはかわいそうじゃないか
じっさい王様は正直な子供を許す話じゃなかったかしら
きっといい人なんだ
あんまり悪く言っちゃいかん
でもどっちかというと俺はボロっちい子供
実際は首をはねられる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。