背油カンパニー
劇団背油こってり団長のブログ
プロフィール

ルースウィー・ラブグッドウィル

Author:ルースウィー・ラブグッドウィル
大分で活動する劇団背油こってりの団長ルースウィー・ラブグッドウィルのブログ
背油こってりはわかりにくい世界観とわかりやすい魂を表現することを目指した劇団

最近大分戯曲研究会発足しました
大分市内で月に一度課題戯曲についてディスカッションします
興味あったら連絡下さい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり第五回(解散)公演「BUGS」

脚本
ぶりちゃん

演出
ルースィー・ラブグッドウィル

日時 2012/03/20(火・祝)
   昼の部:開演14:00 (開場13:30)
   夜の部:開演18:00 (開場17:30)
   
お金 前売:1,200円
   当日:1,500円
会場 AT HALL


あらすじ・解説など
「世界はもっと、広いんだ」と少年は言った。
「馬鹿なことを言うな」と父親は怒鳴った。
「たかだか直径4キロなのだし、そんなに広くはないと思うのだけれど」とアンドロイドは言った。
「彼はなにを言っているんだい」と市民は言った。
「彼は、大丈夫なのかい」と市民は言った。
端に壁なんてない。世界はもっと、はるかに広いはずなんだ。

※これで最後の公演となります
 解散後はほぼ絶対確実に再結成しません
 背油では最後の演劇です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり公演情報

九州若手規格#1 ムニムニ

期間  2011/12/16(金) ~ 2011/12/18(日)
会場  枝光本町商店街アイアンシアター
料金 1,500円 ~ 1,800円
発売日 2011/10/16
前売1800円
当日1500円
サイト http://munimuninet.jugem.jp/


【出演団体】

劇団ブルーエゴナク(北九州)
WETBLANKET(福岡)
不思議少年(熊本)
劇団背油こってり(大分)


九州を活動の拠点とする今一番熱い若手演劇人たちが「面白いことやろうじゃないか」と立ち上げた団体「九州若手規格」のイベント第1弾!
ピチピチじゃない、ムニムニとした感じが伝わること間違いなし!
九州各地(北九州・福岡・大分・熊本)より集った4劇団が同日に同場所で、それぞれの作品をぶつけ合います。

仲良くしたいだけじゃない。
すきあらば出し抜きたいんだ。

若手同士の熱のぶつけ合い、見逃すな!

無事終了しました
ありがとうございましたー
~~~~~~~~~~~~
ついったー→hiroshixi
めーる→da.hiroshi.code\gmail.コム
\を@にコムをcomに

どうぞどうぞ

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
Twitter

hiroshixi < > Reload

ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.06.04_17:45
実はあさってイベントをやる


劇団背油こってりイベントセカンドインパクト「背油の小箱」
演目「ロバの耳」「幸福の王子」

大分大学旦野原キャンパス学生会館2階中集会室
チケット100円、当日100円
6月6日日曜日
開場13時00分、開演13時30分
一時間くらいを予定、二人劇二本立て



な感じです
幸福の王子はこないだやったやつ
ロバの耳は、背油のコンセプトデザイン
真新しいものではないけれど、個人的にあまり見ない、やらないものをやってみた、とのこと

地方劇団は、どうしても中央の数年前を模倣するきらいにある
ちゅうか俺の拠点たる大分でしか地方のはあまり見ないので、一概にはいえまへんけども
そして持論ですけれども
そんなもの、オナニープレイじゃないか
好きな人は、東京物はツアーで見たりdvdで見てる
誰得じゃないですか
だったら地方劇団の存在意義はその劇団が楽しむためってものになっちゃいます
他にない、他が求める特色、空気をつくらねば
いつまでたってもダサい演劇のまんまじゃないのでしょうか、模倣だし劣化だし
とか思いまする
伝統と過去に固執するってことはまったく違うものだから
伝統大切にするにしても、頭ひねっていわゆる新しいものをひりださな
俺ら地方劇団の存在なんぞ消えてしまえ、みたいなそんなこと考える最近
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。