背油カンパニー
劇団背油こってり団長のブログ
プロフィール

ルースウィー・ラブグッドウィル

Author:ルースウィー・ラブグッドウィル
大分で活動する劇団背油こってりの団長ルースウィー・ラブグッドウィルのブログ
背油こってりはわかりにくい世界観とわかりやすい魂を表現することを目指した劇団

最近大分戯曲研究会発足しました
大分市内で月に一度課題戯曲についてディスカッションします
興味あったら連絡下さい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり第五回(解散)公演「BUGS」

脚本
ぶりちゃん

演出
ルースィー・ラブグッドウィル

日時 2012/03/20(火・祝)
   昼の部:開演14:00 (開場13:30)
   夜の部:開演18:00 (開場17:30)
   
お金 前売:1,200円
   当日:1,500円
会場 AT HALL


あらすじ・解説など
「世界はもっと、広いんだ」と少年は言った。
「馬鹿なことを言うな」と父親は怒鳴った。
「たかだか直径4キロなのだし、そんなに広くはないと思うのだけれど」とアンドロイドは言った。
「彼はなにを言っているんだい」と市民は言った。
「彼は、大丈夫なのかい」と市民は言った。
端に壁なんてない。世界はもっと、はるかに広いはずなんだ。

※これで最後の公演となります
 解散後はほぼ絶対確実に再結成しません
 背油では最後の演劇です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり公演情報

九州若手規格#1 ムニムニ

期間  2011/12/16(金) ~ 2011/12/18(日)
会場  枝光本町商店街アイアンシアター
料金 1,500円 ~ 1,800円
発売日 2011/10/16
前売1800円
当日1500円
サイト http://munimuninet.jugem.jp/


【出演団体】

劇団ブルーエゴナク(北九州)
WETBLANKET(福岡)
不思議少年(熊本)
劇団背油こってり(大分)


九州を活動の拠点とする今一番熱い若手演劇人たちが「面白いことやろうじゃないか」と立ち上げた団体「九州若手規格」のイベント第1弾!
ピチピチじゃない、ムニムニとした感じが伝わること間違いなし!
九州各地(北九州・福岡・大分・熊本)より集った4劇団が同日に同場所で、それぞれの作品をぶつけ合います。

仲良くしたいだけじゃない。
すきあらば出し抜きたいんだ。

若手同士の熱のぶつけ合い、見逃すな!

無事終了しました
ありがとうございましたー
~~~~~~~~~~~~
ついったー→hiroshixi
めーる→da.hiroshi.code\gmail.コム
\を@にコムをcomに

どうぞどうぞ

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
Twitter

hiroshixi < > Reload

ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第二回戯曲研究会、今回は11人の人が集まってくれました
数字にするとなかなか多い印象で、なによりなにより

今回つかわせてもろうた戯曲は優秀新人戯曲集2010より田川啓介・作「誰」でした

感想をば下に


今回の印象は、いまいち戯曲に対する議論は盛り上がらなかったなあという感じです

というのも、作品のテーマがわかりやすくて、内容とか純粋に作品に対する客目線での議論に進みすぎたからではないかと
どうも表面の感想にとらわれて、戯曲を分解するというところまで進めなかったという感じでした

また参加者の準備不足も大いにあったのではないかと
今回はメンバーが若く、高校生や俺の後輩が多かったのもあり
戯曲の分解のやり方などは、これから徐々に議論を通して、時間をかけて自分なりの方法をつむいでいけばいいのですが
方法がわからないからといって時間をかけないのはよくない

浅い読み込みでは感想レベルにまでしか踏み込めないという良い例だったのだろうかしら
脚本を演劇に起こすうえでこのレベルでしか読み込めていないのはお話にならないなと
そういうことも浮き彫りになったのではないかと、納得する部分もありました

という私も万全の準備をしてきたかといわれると自信はありません
油断をしてしまっていたのでしょう
昨日の議論を覚えているうちにもう一度読み直してみたりなど
油断払拭と一人反省会を開く必要があります




よかった点は、一回目よりも積極的に議論に参加する人が増えたこと
同じメンバーでやる強みでしょうか
議論の質や方向はまあ満足できるレベルではなかったけれど
こういう盛り上がる空気は良かったです

演劇的に脚本の読み方を他人から盗み合う場であるとともに
感想を考察して言語化するというプロセスを鍛える場でもありたいので
少しずつ進歩していってるのはうれしいです

またいまいち議論が盛り上がらなかったという印象を受けたのはおそらく俺だけではなかったはずで
そういったメンバーが今後、その失敗からどの辺を読み込むべきかということを徐々に探っていってくれると
三回目、四回目と回数を重ねるうちに議論の中身も進歩していけるんじゃねえかなあと思います







ああ、こんなにおもろいことしてるのに、もっと興味持ってくれる人いねえのかなぁ
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://19870130.blog22.fc2.com/tb.php/105-2dea4cd3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。