背油カンパニー
劇団背油こってり団長のブログ
プロフィール

ルースウィー・ラブグッドウィル

Author:ルースウィー・ラブグッドウィル
大分で活動する劇団背油こってりの団長ルースウィー・ラブグッドウィルのブログ
背油こってりはわかりにくい世界観とわかりやすい魂を表現することを目指した劇団

最近大分戯曲研究会発足しました
大分市内で月に一度課題戯曲についてディスカッションします
興味あったら連絡下さい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり第五回(解散)公演「BUGS」

脚本
ぶりちゃん

演出
ルースィー・ラブグッドウィル

日時 2012/03/20(火・祝)
   昼の部:開演14:00 (開場13:30)
   夜の部:開演18:00 (開場17:30)
   
お金 前売:1,200円
   当日:1,500円
会場 AT HALL


あらすじ・解説など
「世界はもっと、広いんだ」と少年は言った。
「馬鹿なことを言うな」と父親は怒鳴った。
「たかだか直径4キロなのだし、そんなに広くはないと思うのだけれど」とアンドロイドは言った。
「彼はなにを言っているんだい」と市民は言った。
「彼は、大丈夫なのかい」と市民は言った。
端に壁なんてない。世界はもっと、はるかに広いはずなんだ。

※これで最後の公演となります
 解散後はほぼ絶対確実に再結成しません
 背油では最後の演劇です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり公演情報

九州若手規格#1 ムニムニ

期間  2011/12/16(金) ~ 2011/12/18(日)
会場  枝光本町商店街アイアンシアター
料金 1,500円 ~ 1,800円
発売日 2011/10/16
前売1800円
当日1500円
サイト http://munimuninet.jugem.jp/


【出演団体】

劇団ブルーエゴナク(北九州)
WETBLANKET(福岡)
不思議少年(熊本)
劇団背油こってり(大分)


九州を活動の拠点とする今一番熱い若手演劇人たちが「面白いことやろうじゃないか」と立ち上げた団体「九州若手規格」のイベント第1弾!
ピチピチじゃない、ムニムニとした感じが伝わること間違いなし!
九州各地(北九州・福岡・大分・熊本)より集った4劇団が同日に同場所で、それぞれの作品をぶつけ合います。

仲良くしたいだけじゃない。
すきあらば出し抜きたいんだ。

若手同士の熱のぶつけ合い、見逃すな!

無事終了しました
ありがとうございましたー
~~~~~~~~~~~~
ついったー→hiroshixi
めーる→da.hiroshi.code\gmail.コム
\を@にコムをcomに

どうぞどうぞ

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
Twitter

hiroshixi < > Reload

ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.12.20_13:49
九州若手規格#1ムニムニにご来場、おうえん、まことにありがとうございました
全員無事に舞台を降りることができました

今回は三日間にわたる公演でして、私としては多くの出来事や発見がありまして
そいつを書いてみようかしらんと思います



ムニムニ三日目の打ち上げ終えてまずは
超素敵な公演にしてくれた皆様に感謝って気持ちがこみ上げてきました
共演した上田美喜はもちろん、同じ舞台を踏んだ不思議少年、WETBLANKET、ブルーエゴナクの人ら
んで裏方支えてくれた主にWETのスタッフ
製作から一緒にやってきた各団体のスタッフ、アドバイスをくださった素敵な人
好き勝手させてくれた劇場のかたがた
応援してくれた多くの先輩のかたがた
一緒に大いに盛り上がってくれた観客のかたがた
大分からわざわざいらっすってくれた仲間だったり友達だったり
(ちらっと舞台上から顔がみえると心強かったです)
わがままを黙認してくれる劇団背油こってりのメンバー
あと、思い出せなかったり知らんうちに助けてた人
ありがとございました
涙が出るくらい感謝です



なにから話そうか
演劇の話から
今回、脚本、演出、役者、作曲、衣装とか多くの部分を俺がやったのだけれど
その中でも一番考えさせられたエピソードが、衣装と役者についてのエピソード

実は二日目の夜公演だけ、衣装が別バージョンだったのです
つうのも、不思議少年の大迫氏が、俺がいつも着てるスカジャンでやるととてもいいよーと言ってくれて
あら、そう?って試しにその回だけ着てみたのですよ

結果から言うと、まあ成功か失敗かはわからんのですが
とりあえずセリフはド頭からぶっ飛んでしまって
なんとか取りつくろったんですが
演技はかっくしと変わるわなんだって大変でした
見た目的には面白くなったのかもしれんですが、どうも、違うちがーう、これはちがーうと思ったのです


つまりはですよ
まず、これまであまり意識してこなかった(知識では知ってたけど実感はなかったので)ことだが
衣装が演者にとって、とても大きな影響を与えているということ
特に繊細に内面を描写しようとしていた俺にとっては、着るものが変わって体温もかわってで
思うように演劇ができなくなっていた、という発見があったのでした
演出効果的にも、全体としてみると俺の考察した結果が出力されなくなり
客が面白がっても俺が面白くねえと駄目だ
って思って、だから俺が演劇をやることって意味の取っ掛かりになりました

そして、これは演出面なんですが
衣装が変わることによって、見た目もきれいになるし
ばーちゃんと僕の関係性にも面白みが出るかもしれないですが
それは「背油」でも「ルースィー」でもなくて「不思議少年」なわけで
ああいう場で安易にアドバイスを聞いて実行すると
作品の質は上がっていくかもしれませんが、せっかく奇跡のようにばらばらの方向からやってきた4つの劇団が
ひとつの出口から出て行ってしまうのではないかという、ちくっとした不安を感じてしまったり

まあそんな面白エピソードがありました



五回公演ってのも新鮮でした
いままでは二回か一回しか公演したことないし、日をまたいでも二日ってのだったのですが
だから三日で五回って、未知の領域でした

ここでの発見は、日々変わる舞台ってやつで
初日はどっきどき緊張して、普段の舞台と変わらない感じで
二日目の二回目も、落ち着いて、まあ経験あるし、こんなもんかという感じで
だけれど三回目からは未知の領域で
(衣装変えたこともあるんだけれど)セリフぶっ飛ぶし
ぶっ飛んでもなんか舞台に慣れちゃってて、とりあえず同じようにやってれば舞台は回るわって感じで
(幸いぶっ飛んでも復帰できたし)作品としてはあれはあれで面白いものになったんでしょう
んで三日目の四回目は変なところ落ち着いちゃって中盤セリフすっ飛ばして
(重要なところだったのだけれど、俺と上田のファインプレーで作品はなんとか崩れなかったのですが
ああすいませんでした、本当はもっと構築されていたんです、ああ、お見せしたかった、もったいない事をした)
三日目五回目最後の公演は、集中力が一気に強まって、大きなミスなく最後まで流れていって

ここまで通して、舞台は生ものって意味が初めて実感できました
スタニなんとかってロシアのおじさんが、演技を繰り返してるうちに慣れちゃって、新鮮な感情が再現されなくなるみたいなことをどっかで言ってて
ああ、こういう事かと発見できたり
うーん、いい発見だった



あとは何があったかしら
作曲は初めてやったんだけれど
どうだったんだろう、いまいちわからねえや
でも、初めて作品とびったり合わせて作った(俺の作・演・出演なんだからそらそーだ)から
その辺どうだったのだろう、どうだったです?
作ってる俺的には違和感なく自然に舞台に溶け込むような感じだったから特に音楽を意識してなかったんで、わからんです



演出的に、他の団体と四日間ともに過ごして、作品を見たりして、練習を盗み見たりして
他の演出家が俳優の魅力を引き出すのが上手なこと上手なこと
んで俳優もそれにしっかり答えて、ああ、こうやって面白くなっていくんだって思って
ここ数年でやっと人並みに会話ができることなってきたコミュニケーション障害の僕だから
これからもっともっと人を知って、人と演劇を作る楽しさと深さを探っていけるなって
これは一番今後の課題だなあ



作者的に、ちこっとアンケートの話ですが
エゴナクすげー穴迫すげー、とか不思議すげーとか、さすがWETとかは多かったんですが
ひろしすげーとかルースィーすげーってのは確か一個もなかったけれど
おばーちゃんのこと思い出しましたとか、ああそういうのあるなーとか、そういった自分に重ねた感想を結構いただけて
ああ、なんとかお届けすることができたわ、としてやったり、と小さくガッツポーズ
俺の演出が基本的に同化を狙ってる古いタイプのものだし
派手さもエンタメ性もないけれど、それがあの作品でやりたかったことだし
若いのに元気がないとも言われなかったし、確かに今思うと粗も多かったし、小さくまとまってとかもまだ言われてねえし(俺からするとあの作品はずいぶんな挑戦だったし)
もしムニムニっつうショーケース的に出し抜かれたとしても、確かな手ごたえはつかめたんで、よかったよかった


挑戦て言うのは、日常芝居書いたのあれがたぶんはじめてですし
僕にあーいったばーちゃんの思い出なんかないですし
両親は仲がいいです
普段はSFとかファンタジーばっかり書いてますし、小説やアニメはSFが好きです
へへへ


でもねー、他がおもしれーおもしれーと言われまくってて色々うらやましいし、つうか実際ちょー面白くて、ゲネ見て満足しておなかいっぱいになっちゃったし、劇団的なのも解散公演控えた俺としてはやっぱりうらやましいかってちょっとギザギザハートになってるところもありますけれども
それでも俺が一番面白くなくちゃ人生が終わっちゃうから
これからもまじめに精進しよう
学校卒業して俺物語の次の章に進もう
ムニムニ上演のいずれよりもおもしれえ本をこれから書こう
と、思いましたとさ



背油第5回公演もお楽しみに!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://19870130.blog22.fc2.com/tb.php/119-bf8a40ea
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。