背油カンパニー
劇団背油こってり団長のブログ
プロフィール

ルースウィー・ラブグッドウィル

Author:ルースウィー・ラブグッドウィル
大分で活動する劇団背油こってりの団長ルースウィー・ラブグッドウィルのブログ
背油こってりはわかりにくい世界観とわかりやすい魂を表現することを目指した劇団

最近大分戯曲研究会発足しました
大分市内で月に一度課題戯曲についてディスカッションします
興味あったら連絡下さい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり第五回(解散)公演「BUGS」

脚本
ぶりちゃん

演出
ルースィー・ラブグッドウィル

日時 2012/03/20(火・祝)
   昼の部:開演14:00 (開場13:30)
   夜の部:開演18:00 (開場17:30)
   
お金 前売:1,200円
   当日:1,500円
会場 AT HALL


あらすじ・解説など
「世界はもっと、広いんだ」と少年は言った。
「馬鹿なことを言うな」と父親は怒鳴った。
「たかだか直径4キロなのだし、そんなに広くはないと思うのだけれど」とアンドロイドは言った。
「彼はなにを言っているんだい」と市民は言った。
「彼は、大丈夫なのかい」と市民は言った。
端に壁なんてない。世界はもっと、はるかに広いはずなんだ。

※これで最後の公演となります
 解散後はほぼ絶対確実に再結成しません
 背油では最後の演劇です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり公演情報

九州若手規格#1 ムニムニ

期間  2011/12/16(金) ~ 2011/12/18(日)
会場  枝光本町商店街アイアンシアター
料金 1,500円 ~ 1,800円
発売日 2011/10/16
前売1800円
当日1500円
サイト http://munimuninet.jugem.jp/


【出演団体】

劇団ブルーエゴナク(北九州)
WETBLANKET(福岡)
不思議少年(熊本)
劇団背油こってり(大分)


九州を活動の拠点とする今一番熱い若手演劇人たちが「面白いことやろうじゃないか」と立ち上げた団体「九州若手規格」のイベント第1弾!
ピチピチじゃない、ムニムニとした感じが伝わること間違いなし!
九州各地(北九州・福岡・大分・熊本)より集った4劇団が同日に同場所で、それぞれの作品をぶつけ合います。

仲良くしたいだけじゃない。
すきあらば出し抜きたいんだ。

若手同士の熱のぶつけ合い、見逃すな!

無事終了しました
ありがとうございましたー
~~~~~~~~~~~~
ついったー→hiroshixi
めーる→da.hiroshi.code\gmail.コム
\を@にコムをcomに

どうぞどうぞ

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
Twitter

hiroshixi < > Reload

ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


完全に月間背油カンパニーに成り下がってしまっていますね
いいんですか?
いいんです

背油は3月の5回目の公演に向けてぼちぼち準備を始めました
間に合うのでしょうか?乞うご期待
んで解散間近のこんな時期ですが、新メンバーが入りました
その名もジュンジュンくん

関西出身の現在大学生で
どうも関西のほうで背油のうわさを耳にしたらしく、
しかしこんな先のない劇団なんてしょーもなかろうとも思ったのですが
どうしてもかかわりたいとの熱意に押され、入団が決定いたしました
最後までよろしくお願いします


んで、これから本題の、また芸術について考えてみたことをば



最近私がやっていることと言えば、卒業のための研究、背油の稽古の二本軸に、将棋と盆栽のエッセンス
な毎日です

ここ最近急に興味をもってしまった盆栽
古臭いとか渋いとかじじくせえとかお思いでしょうが、いやいやそうでもない
確かに新しさはないけれど、日本人DNAに刻まれた美意識をビンビン刺激してくるのですよ
んで、あいつら何十年もかかって立派になる性質の作品だから
若者がやる趣味なんですよ
んで、種類もTHE盆栽な松だけじゃなくて、花をつけたり実をつけたり、紅葉落葉の四季を楽しめるものがあったり
ああ日本人でよかった

盆栽は自然の大木をミニチュア化する芸術です
鉢で育てて、針金で変形させてはさみで剪定して、時には接木したりなんたりかんたりして
作品を作っていきます
そこには自然の再現ではなく、美意識が介入しており
人間の意志を叩き込むため非常に手間のかかる代物です

それで、最近本やネットで盆栽のことを調べまくってたのですが
ふと、生き物に手を入れる気持ち悪さを感じてしまいました
自然を捻じ曲げて作品を作るわけですからね
だけど、それがどうしようもなく美しい

芸術とは何ぞや、自然の再現ではない
自然は自然として、あるものだから、作るものではない
(とは言い切れないかもしれないけど、ここではそういうことで)
思えば演劇だって、自然のまんまの意識、人間が無理やり再現しようとしたり、表現することで
それがリアルであればきっとあれほど面白くないんだろう
ナチュラリズムではなくリアリズムに根付いた美意識なんでしょう

植物の美しさとはなんぞや、
枝の分かれ方?それは科学で証明できるか?
枝の分かれ方?葉のつき方?
それらはフィボナッチ数列によっていわゆる黄金比っつう効率のよい付き方で増えていく
んでたいてい、黄金比は人が気持ちいいと感じるようにできている
じゃあ計算で、幾何学で作品は作れるのか?
演劇で言うと、心理学で作品は作れるのか?
理論で芸術はなりたつのだろうかしら?

でも理論突き詰めてナチュラリズムはできても
リアルは作れない
リアルの前提には文化があって、ミームを受け継いだ時代の人間が、時代の人間へと発信することが原則としてあるから
リアルの基盤がナチュラルだから、ナチュラルの法則を知るのは大事だけれど
リアルを作るためには、やはり直感による美意識を大事に
すなわちてきとーにするのがええなあと
思いました

わあ、読みにくい
クソ文章読んでくださってありがとうございました

週末苗とか鉢とか買ってきます、たのしみです
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://19870130.blog22.fc2.com/tb.php/121-b25679d0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。