背油カンパニー
劇団背油こってり団長のブログ
プロフィール

ルースウィー・ラブグッドウィル

Author:ルースウィー・ラブグッドウィル
大分で活動する劇団背油こってりの団長ルースウィー・ラブグッドウィルのブログ
背油こってりはわかりにくい世界観とわかりやすい魂を表現することを目指した劇団

最近大分戯曲研究会発足しました
大分市内で月に一度課題戯曲についてディスカッションします
興味あったら連絡下さい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり第五回(解散)公演「BUGS」

脚本
ぶりちゃん

演出
ルースィー・ラブグッドウィル

日時 2012/03/20(火・祝)
   昼の部:開演14:00 (開場13:30)
   夜の部:開演18:00 (開場17:30)
   
お金 前売:1,200円
   当日:1,500円
会場 AT HALL


あらすじ・解説など
「世界はもっと、広いんだ」と少年は言った。
「馬鹿なことを言うな」と父親は怒鳴った。
「たかだか直径4キロなのだし、そんなに広くはないと思うのだけれど」とアンドロイドは言った。
「彼はなにを言っているんだい」と市民は言った。
「彼は、大丈夫なのかい」と市民は言った。
端に壁なんてない。世界はもっと、はるかに広いはずなんだ。

※これで最後の公演となります
 解散後はほぼ絶対確実に再結成しません
 背油では最後の演劇です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり公演情報

九州若手規格#1 ムニムニ

期間  2011/12/16(金) ~ 2011/12/18(日)
会場  枝光本町商店街アイアンシアター
料金 1,500円 ~ 1,800円
発売日 2011/10/16
前売1800円
当日1500円
サイト http://munimuninet.jugem.jp/


【出演団体】

劇団ブルーエゴナク(北九州)
WETBLANKET(福岡)
不思議少年(熊本)
劇団背油こってり(大分)


九州を活動の拠点とする今一番熱い若手演劇人たちが「面白いことやろうじゃないか」と立ち上げた団体「九州若手規格」のイベント第1弾!
ピチピチじゃない、ムニムニとした感じが伝わること間違いなし!
九州各地(北九州・福岡・大分・熊本)より集った4劇団が同日に同場所で、それぞれの作品をぶつけ合います。

仲良くしたいだけじゃない。
すきあらば出し抜きたいんだ。

若手同士の熱のぶつけ合い、見逃すな!

無事終了しました
ありがとうございましたー
~~~~~~~~~~~~
ついったー→hiroshixi
めーる→da.hiroshi.code\gmail.コム
\を@にコムをcomに

どうぞどうぞ

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
Twitter

hiroshixi < > Reload

ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.02.09_14:18
バグズと読みます、背油第五回(解散)公演です

劇団 背油こってり
第5回公演 『BUGS』

演出 ルースィー・ラブグッドウィル
脚本 ぶりちゃん

日時 2012年3月20日(火・祝)
開演 昼 14:00、 夜 18:00 (開場30分前)
場所 AT HALL(大分市中央町2-6-4 一井開発ビル3F)
料金 前売 1,200円、 当日 1,500円


お問合せ
劇団HP http://seabura.at-ninja.jp
E-mail seabura2009@mail.goo.ne.jp


です
以下駄文


まだあらすじとか書けません
こんど書きます
とりあえず「BUGS」です


わたし脚本担当しておりません
結局、本公演での脚本私率は40パーセント
役者0パーセント(いや、1%くらいあるけど、うんゼロで)
演出率100パーセント
(サブイベントでの脚本率、演出率、出演率は全部ほとんど100パーセントですけどね、ぶひひ)

そもそも脚本書くの疲れるからそんなに好きじゃないんです
感情の問題からいくと嫌いです
感情抜きにしたら書きたいです、書くのは楽しいです
だけど時間食うし、脳みそ食うしで大変です

最後の公演だし、書きたいなーって思ってたのですが
いかんせん私は今大変で
家庭の事情、俺の事情で卒業というのをしなくてはいけないです
でも私は工学部に熱心ではない、心はすでにそこにない
だから、それもあって、大変
現にいま、行き詰ってブログの更新しておるし

一時期既成の台本も考えたのだけれど
なんか既成って言い方嫌いだけど
すでに成っているで字面はあってんだけども
うむ


背油は脚本家ダブルの二馬力体制でこれまでやってきました
それがよかったこともあるし、当然悪かったこともあります
だから最後の公演も無事背油で終われるような気がします

そして
出演者はまだ未定です
出演者もスタッフも、短い歴史の中ころころ入れ替わってきました
今回も例外ではありません
立ち上げからほぼ顔が変わっています
そんななか劇団って何だろう、改めて考えます
俺の中には、これまでのメンバーや客演してもらった人々が生活をしていて
それがミームとなって作品を形成しています
はたして、現メンバーもそうなのだろうか
俺の中のミームたちはうまく組織に転写されているのだろうか

たかだか5年くらいの、それも半分学生劇団みたいなあれですが
それでも、大分で生まれて、のびのび演劇して、いろんな人に育ててもろうて、そして大分で死ぬ
こんなへんてこな劇団の終演に、よければお付き合いください
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://19870130.blog22.fc2.com/tb.php/123-e790f497
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。