背油カンパニー
劇団背油こってり団長のブログ
プロフィール

ルースウィー・ラブグッドウィル

Author:ルースウィー・ラブグッドウィル
大分で活動する劇団背油こってりの団長ルースウィー・ラブグッドウィルのブログ
背油こってりはわかりにくい世界観とわかりやすい魂を表現することを目指した劇団

最近大分戯曲研究会発足しました
大分市内で月に一度課題戯曲についてディスカッションします
興味あったら連絡下さい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり第五回(解散)公演「BUGS」

脚本
ぶりちゃん

演出
ルースィー・ラブグッドウィル

日時 2012/03/20(火・祝)
   昼の部:開演14:00 (開場13:30)
   夜の部:開演18:00 (開場17:30)
   
お金 前売:1,200円
   当日:1,500円
会場 AT HALL


あらすじ・解説など
「世界はもっと、広いんだ」と少年は言った。
「馬鹿なことを言うな」と父親は怒鳴った。
「たかだか直径4キロなのだし、そんなに広くはないと思うのだけれど」とアンドロイドは言った。
「彼はなにを言っているんだい」と市民は言った。
「彼は、大丈夫なのかい」と市民は言った。
端に壁なんてない。世界はもっと、はるかに広いはずなんだ。

※これで最後の公演となります
 解散後はほぼ絶対確実に再結成しません
 背油では最後の演劇です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり公演情報

九州若手規格#1 ムニムニ

期間  2011/12/16(金) ~ 2011/12/18(日)
会場  枝光本町商店街アイアンシアター
料金 1,500円 ~ 1,800円
発売日 2011/10/16
前売1800円
当日1500円
サイト http://munimuninet.jugem.jp/


【出演団体】

劇団ブルーエゴナク(北九州)
WETBLANKET(福岡)
不思議少年(熊本)
劇団背油こってり(大分)


九州を活動の拠点とする今一番熱い若手演劇人たちが「面白いことやろうじゃないか」と立ち上げた団体「九州若手規格」のイベント第1弾!
ピチピチじゃない、ムニムニとした感じが伝わること間違いなし!
九州各地(北九州・福岡・大分・熊本)より集った4劇団が同日に同場所で、それぞれの作品をぶつけ合います。

仲良くしたいだけじゃない。
すきあらば出し抜きたいんだ。

若手同士の熱のぶつけ合い、見逃すな!

無事終了しました
ありがとうございましたー
~~~~~~~~~~~~
ついったー→hiroshixi
めーる→da.hiroshi.code\gmail.コム
\を@にコムをcomに

どうぞどうぞ

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
Twitter

hiroshixi < > Reload

ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.02.17_11:21
巷ではあっちもこっちもきゃりーぱみゅぱみゅで盛り上がってる
だったらルースィーラブグッドウィルも一般的な名前として認知されるんじゃなかろうか
いやいや、きゃりーぱみゅぱみゅがはやったところで矢張り長くて面倒な名前には違いない
今度からルースィーラブグッドウィルウィルにしてみよう

ところでこんなに更新が早くていいのだろうか
よくないよ、まずい

つづけよう


私はよく自分の劇団の稽古場で、訓練を開発する
既存の訓練のマイナーチェンジもあれば、完全オリジナルもある

その中では珍作名作入り混じっており、いざやってみると俺も背油団員も首をかしげることもしばしば
稽古と言うか、完全に俺の実験室になってたり、団員の実験室になったりしている
そしてなんどか繰り返して行くうちに新作訓練は洗練熟成され、訓練として機能し始めたり
また、背油ーずの武器になったりしていく
こーゆーのがあるから劇団はすてき


古参の背油ーずはもうすんなり俺の実験に付き合ってくれるのだけれど
最近加入の見習い団員じゅんじゅん君は、珍稽古がどうにも奇妙らしい
ひんぱんに、これは何の意味があるのですか?的なことを聞いてくる
・・・ああ、あったあった、私にもこういう時期がありました


俺はあまり歳の近い仲間に演出をつけられるって経験が無かったから
演出とか稽古に対して疑問を抱いたことはないけれど
見に行った演劇に対してはよくどーゆー意図だろうとか、考えて気になってた
今思うとはずかしいし、おれはなんてもったいないことをしてしきたんだ、と後悔しておりますがw

珍訓練に関しては、意味はありますよ、そりゃ
何時間もプログラム練って主観的かつ客観的かつ総合的かつ魅力的視点で組み立てて稽古プログラムに入れてますもの

背油立ち上げ時代、もっとまえ大学の演劇部時代にも色々開発してきましたが
そういや当時は意味をよく聞かれていました
そしてなるべく答えるようにしてきました、俺も意味わからんと不安がる星人だったので

だけど最近、説明いらんのじゃないか?と思い始めました

話があっちこっちですが(いつものことですが)
作品に関しての意味についてですが
舞台作品の種明かしをみやぶろうとして目を凝らすナンセンス自称演劇人
いい加減迷惑だから気がついてほしい
迷惑言い過ぎだけど、もったいないし失礼だと気がついてほしい

仮に、その作品がマジック的なものだったらどうだろう
マジックも見破ろう見破ろうと観るのはなんとも失礼
見破ろうとして見破れないと楽しいけれど(実際はそーゆーふうに楽しませてるのもあるんだろうけど)
マジシャン的に、あの種おしえてーしか言わん客ほど迷惑なものはなかろうでしょう

演劇では、あの照明効果なに?とかあれはミス?演出?とか言われるのがそーとーうざったい
うざったくてイラァっとするけど、次の瞬間には、かわいそうに、もっと舞台を楽しみなよ、と思う



舞台を楽しむってなんぞよ
種を探し続けるのも、作り手の意図ではないけれど、楽しみのひとつなのかもしれない
(それが、餃子を開いて嗅いで捨てるような楽しみ方だとしても)
そういう人はもう勝手にやっちゃってくれでいいや
そういう人とは舞台を作れない
一緒に作るなら、舞台を(つうか作品を)もっと深く楽しめる人じゃないと無理だ

いわば感覚的に楽しむ人じゃないと、背油稽古は楽しめない
最近の訓練は、論理力よりも感覚を鍛える訓練が多い
最初は、一緒になって動いている俺も含めてぎこちなかったけれど、しばらくすると身体が開けた

感覚を鍛える訓練に(つうか訓練全般かな)解説はノイズにしかならない
マラソン選手が心拍数だの空気の濃度だの考えて高山訓練してたらきっと失敗するだろう
そういうのはトレーナーにまかせりゃいい
本人は訓練に集中して、自分の身体を必死に対話をしなけりゃならん

だから、稽古に解説はいらないという結論で、最近はまとまっている
飲みながらあの稽古はあーだこーだと語るのは好きだから(俺の天才的脳みそ聞いてよー的な)
種が知りたければそこでいくらでも聞いてくれと、なんかそんな感じ




そんな稽古の日々、BUGS
ぱっとみわけわからんものになるかも知らん
芝居つくりにおいてもわけわからんものってどうなんだろう?
そのへんはよくまだわからない
ただ、観てくれたあと、俺もわからんかったことをアンケートとか、知り合いなら後日教えてくれるだろうし
それが楽しみ
今後俺も俳優陣も、稽古重ねるうちに作品作っていけるだろうし、そこでちょっとわかるんかもしれない
わかるもんしか観たくない人は、わかりやすい作品でも観てればいい
俺はもっと広い鑑賞に堪えうるもんを作る、つくーる
開き直っての覚悟、そもそも俺はみんなが楽しめるものなんか作る気ねえし、売れないもん作る気もんもんだ
売れないもんってのはすなわちマイノリティが楽しめるものでしょう?
っちゅう意気込みで、BUGS
俺とか皆様のバグになりえるのだろうか、
クオリティはニナガワーとかノダーとかには今一歩かないませんが、それでもどうぞ期待しててください
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://19870130.blog22.fc2.com/tb.php/125-2668e98e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。