背油カンパニー
劇団背油こってり団長のブログ
プロフィール

ルースウィー・ラブグッドウィル

Author:ルースウィー・ラブグッドウィル
大分で活動する劇団背油こってりの団長ルースウィー・ラブグッドウィルのブログ
背油こってりはわかりにくい世界観とわかりやすい魂を表現することを目指した劇団

最近大分戯曲研究会発足しました
大分市内で月に一度課題戯曲についてディスカッションします
興味あったら連絡下さい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり第五回(解散)公演「BUGS」

脚本
ぶりちゃん

演出
ルースィー・ラブグッドウィル

日時 2012/03/20(火・祝)
   昼の部:開演14:00 (開場13:30)
   夜の部:開演18:00 (開場17:30)
   
お金 前売:1,200円
   当日:1,500円
会場 AT HALL


あらすじ・解説など
「世界はもっと、広いんだ」と少年は言った。
「馬鹿なことを言うな」と父親は怒鳴った。
「たかだか直径4キロなのだし、そんなに広くはないと思うのだけれど」とアンドロイドは言った。
「彼はなにを言っているんだい」と市民は言った。
「彼は、大丈夫なのかい」と市民は言った。
端に壁なんてない。世界はもっと、はるかに広いはずなんだ。

※これで最後の公演となります
 解散後はほぼ絶対確実に再結成しません
 背油では最後の演劇です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり公演情報

九州若手規格#1 ムニムニ

期間  2011/12/16(金) ~ 2011/12/18(日)
会場  枝光本町商店街アイアンシアター
料金 1,500円 ~ 1,800円
発売日 2011/10/16
前売1800円
当日1500円
サイト http://munimuninet.jugem.jp/


【出演団体】

劇団ブルーエゴナク(北九州)
WETBLANKET(福岡)
不思議少年(熊本)
劇団背油こってり(大分)


九州を活動の拠点とする今一番熱い若手演劇人たちが「面白いことやろうじゃないか」と立ち上げた団体「九州若手規格」のイベント第1弾!
ピチピチじゃない、ムニムニとした感じが伝わること間違いなし!
九州各地(北九州・福岡・大分・熊本)より集った4劇団が同日に同場所で、それぞれの作品をぶつけ合います。

仲良くしたいだけじゃない。
すきあらば出し抜きたいんだ。

若手同士の熱のぶつけ合い、見逃すな!

無事終了しました
ありがとうございましたー
~~~~~~~~~~~~
ついったー→hiroshixi
めーる→da.hiroshi.code\gmail.コム
\を@にコムをcomに

どうぞどうぞ

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
Twitter

hiroshixi < > Reload

ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


よくない、更新をしない
続かない、実によくない
豆じゃない、だからおいらはもてない
よい子はまねしないように



最近はインテリ系目指してたくさん本を読んだりしている
大学の図書館がしばらく閉鎖されるため、本を一年間貸し出してくれた
せっかくだからごっそりと演劇コーナーの面白そうなの借りてきた
んで研究室の自分の机の上に、ブックエンド持ち込んで、本棚作った
一冊5000円くらいの高価な本がずらーりと並んだ
教授に苦笑いされた、一冊たりとも工学の本は借りてない、まいったか

そんなこんなで読書にふけったり、うわさの本を買ったり読んだりして
すっかり頭でっかちまっしぐらな最近
スタニスラフスキーはまあお世話になってたけど、ブレヒト、メイエルホリド、マイズナーとかの不思議な名前の楽しい仲間がぽぽぽぽーんとおいらの頭の中に入居した
知識をためるのは実に楽しい
そーいや小学生のころは図鑑とか辞書とか眺めるの大好きだった
いま思うとあれだけど、ここまで成長するとさすがにそれでよかったと思えるからいいやうん

なんかへーんな子供だったんだろうな俺
偏執的なとこあった、いつしかまわりに溶け込もうと不思議な動きをするようになった
だからガキのくせに肩こりひどかったんだろうな
だーれも理解してくれなかったんだろうなー、かわいそうに
だけどがんばった甲斐あって溶け込み作戦はなんとか成功したルースぃー少年今に至る
なんとか一般人になった俺だけど(多分、幸せだからきっと一般人)
偏執的に誰にも理解されない自分の表現を貫いてたあのころがちとうらやましく思える
ちょっと掘り出すべきだな、うん

話ずれまして、俺の最古の記憶に残る作品は、ぐちゃぐちゃの線
まわりはかわいい女の子の絵とか、かっちょいい車とか書いてたんだ
そんななか俺はぐちゃぐちゃとテンパこじらせたみたいな絵を描いてた
さぞかしまじめなおいらの両親は心配しただろう
だけどその絵を描いてる記憶は残ってて、ぐちゃぐちゃの線はしっかり意味があって、世界があったんだわ
結構力作だったけれど誰もほめてくれなかった記憶はある、それが残念だった記憶もある
美的センスは皆無だけれども


話し戻って頭でっかちの話
世界の有名人のメソッドがいっぱい紹介されてる
興味があるから研究する
楽しい
だけど彼らとは一定の距離を保つことを忘れちゃいけない
固執しちゃうときっと演劇が面白くなくなっちゃう
いろんな考えがあって、きっとヒントがある
それくらいにしとくのがよい

思想や手法にどっぷり影響受けるのはいいことだと思う
先人たちの足跡をついで次の一歩を進めるのは当然、その先にある芸術に近づくための正しい道だと思う
そうやって文化を発展させる
多くの情報遺伝子を受け継いで、次に孕んで産んでいくのは美しいこと
だけどクローン、お前はだめだ
多様性がないと種にしろ文化にしろ滅んでいくのは常識だ、常識ってことは詳しい理由はわからないけどそうなるんじゃないかって思うってことだ
どっかの灰皿テキーラさんのやってるあれも絶滅寸前じゃないか
日本の誇るべき文化なのに、実にもったいない
うまくやれば淘汰なんかされることは絶対にないのに、残念だ

まあそういうことで
灰皿テキーラが淘汰されてもしかたがないって思える人間が少ないのが
日本の国民性であり、文化的に後進国であるゆえんじゃねえのかと思う
知識かじったいまならわかるけれど、歌舞伎も能もすばらしい演劇だ
世界に誇ることができる
テキーラ界でも演劇界でも、テキーラの次の一歩を踏み出そうとしているすばらしい日本人もいる
ぜひがんばってほしい

伝統的手法なんかあくまで手法であって、後生大事にするもんじゃない
こと無形文化である演劇はそうだ、焼き物とか絵とかと根本的に違う、時間を越えられない
うーん、時間を越えられない、簡単にだから美しいともまだいまの俺には言えない、まあいいや
どっち記録なんかいまの時代いくらでも残るんだ
記録があればだれか研究も再現もやってくれるさ
だからしがみつくもんじゃないよ、メソッドにしろルールにしろ
作った人があの世から泣いてるぜ
ってスタンスで勉強します
別に頭のわるいインテリになるわけじゃありません
ただのマニアなんですよ俺は
ああねむい
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://19870130.blog22.fc2.com/tb.php/93-9e915e40
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。