背油カンパニー
劇団背油こってり団長のブログ
プロフィール

ルースウィー・ラブグッドウィル

Author:ルースウィー・ラブグッドウィル
大分で活動する劇団背油こってりの団長ルースウィー・ラブグッドウィルのブログ
背油こってりはわかりにくい世界観とわかりやすい魂を表現することを目指した劇団

最近大分戯曲研究会発足しました
大分市内で月に一度課題戯曲についてディスカッションします
興味あったら連絡下さい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり第五回(解散)公演「BUGS」

脚本
ぶりちゃん

演出
ルースィー・ラブグッドウィル

日時 2012/03/20(火・祝)
   昼の部:開演14:00 (開場13:30)
   夜の部:開演18:00 (開場17:30)
   
お金 前売:1,200円
   当日:1,500円
会場 AT HALL


あらすじ・解説など
「世界はもっと、広いんだ」と少年は言った。
「馬鹿なことを言うな」と父親は怒鳴った。
「たかだか直径4キロなのだし、そんなに広くはないと思うのだけれど」とアンドロイドは言った。
「彼はなにを言っているんだい」と市民は言った。
「彼は、大丈夫なのかい」と市民は言った。
端に壁なんてない。世界はもっと、はるかに広いはずなんだ。

※これで最後の公演となります
 解散後はほぼ絶対確実に再結成しません
 背油では最後の演劇です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり公演情報

九州若手規格#1 ムニムニ

期間  2011/12/16(金) ~ 2011/12/18(日)
会場  枝光本町商店街アイアンシアター
料金 1,500円 ~ 1,800円
発売日 2011/10/16
前売1800円
当日1500円
サイト http://munimuninet.jugem.jp/


【出演団体】

劇団ブルーエゴナク(北九州)
WETBLANKET(福岡)
不思議少年(熊本)
劇団背油こってり(大分)


九州を活動の拠点とする今一番熱い若手演劇人たちが「面白いことやろうじゃないか」と立ち上げた団体「九州若手規格」のイベント第1弾!
ピチピチじゃない、ムニムニとした感じが伝わること間違いなし!
九州各地(北九州・福岡・大分・熊本)より集った4劇団が同日に同場所で、それぞれの作品をぶつけ合います。

仲良くしたいだけじゃない。
すきあらば出し抜きたいんだ。

若手同士の熱のぶつけ合い、見逃すな!

無事終了しました
ありがとうございましたー
~~~~~~~~~~~~
ついったー→hiroshixi
めーる→da.hiroshi.code\gmail.コム
\を@にコムをcomに

どうぞどうぞ

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
Twitter

hiroshixi < > Reload

ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日大分西部公民館で、大分戯曲研究会一回目を開きました
高校生にたくさん参加していただき、総勢12人でのディスカッションとなりました
ありがとうございます

それの感想や会の様子をつらつら書いていこうと思います



そもそもこの会を思いついたのはなにがきっかけだったのだろう

思い返すと、戯曲を書きたい、なにかの賞をりたいという下心からスタートしたんじゃないかなあと
私はそもそも戯曲を書くくせに戯曲を読む習慣もなく、劇作家もよく知らない、これはよくない
たしか、戯曲を読む習慣のない自分のために、読み方を勉強したいというあたりからスタートして
じゃあ一人でやるより幾人か巻き込んだほうがいいんじゃないか
そんな感じでスタートしました


具体的にこの会の構想が浮かんだのが、昨年の大分演劇祭の一環の、原田夏佳さんによる戯曲ワークショップだったと思います
それからぼんやりと妄想を続け、具体的にどうしようと考え、ちょろちょろ戯曲を読むようになり
そしてこないだのFPAP主催のディスカッション観劇ツアーに参加したことにより、それをヒントに戯曲研究会のスタイルの見通しが立ちました




今回使用させてもらった戯曲は優秀新人戯曲賞2010に掲載されている、横山拓也さん作「エダニク」でした
これを事前に読んで自分なりに研究してもらい
当日はそれについて討論をするという形をとりました

第一回ですし、私も含めて戯曲を書きなれてる、研究しなれている
またディスカッション慣れしているメンバーではなかったのですが
短い時間の中で、ディスカッション終盤にはなかなかいい形で討論が進み
それぞれのメンバーになにかつかむものがあったのではないかと思います
終わったあとにみな楽しかったと感想をいただけたので、気持ちよく進んでいけたという感触はありました



一回目よりも二回目、それよりも三回目という形が見えてきたので、いい会だったと思います
今後は、まだ演劇に触れて日が浅い後輩たちが
少しずつ考察と感想の違いをわかってもらえたり
私ですらあたりまえに使っている専門用語を伝えていったり
そういう基本的なことを学んでもらえるといいなと思ったり

徐々に戯曲を読む技術を身につけ、技術を盗みあったり
いろんな角度からものを見る人がいるんだと、そのへん楽しんでいけたり
戯曲の面白さを知っていろいろ読むきっかけになったり
また出会いの場であればいいなと思います


まだ技術不足がいなめない、時間のかかる作業です
次回からはもーすこし宣伝して、大分で長く演劇をやっている諸先輩方にも声をかけて、もっとレベルの高い会にしていきたいです

次回6月25日土曜日14時から大分市内の公民館で行います
参加希望めーるにて受け付けています、

次回もよろしくお願いいたします








以下ちょっと愚痴ですけれど、毒ですけれど
今回の会は私頭の方にも書いてるんですけど
昨年の大分演劇祭で火がついて開催したんですよ
出会いだったり、ワークショップでのヒントがきっかけだったり
出会いだったらすでに演劇祭きっかけでの出会いでひとつ、三つのユニット集まって公演も打ってますし
そのあたり大分の演劇を盛り上げるきっかけになったいい祭りだったと思ってます

だけれど、私のアンテナがいまいち機能してないってのもありますが、あるとおもいますが
あの祭り以前以降で大分の演劇界全体でみると盛り下がってるんじゃなかろうか
もりあげようとやってみんながみんな疲れちゃったら、ほんとに企画からなにからしてもらってホントに疲れてる人らむくわれねえじゃねえの
何やってんの?演劇祭なんかやらないで細々おのおので演劇やってたほうが、俺や、うまいこと火がついてる人たちには不幸だろうけれど、大分にとっては幸せなんじゃないの?
って思って激しく憤っております


以上毒でした
そんなこともありつつ、細々とメキメキと戯曲研究会やらなんやら続けていこうと思います
背油ももちろん安心安定の通常運行続けております
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://19870130.blog22.fc2.com/tb.php/98-269cb2e4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
戯曲研究会、お疲れ様でした。
自分も、後輩sも楽しく、かついい経験をさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいします。

自他ともに精進していきたいです。いや、します。


あーっと、毒については自分も思っていたりしました……
なんともいえないですょねー(ーー;)
で、自分も何か動こうかと考えてたりします。
Kuniyoshi - ICHI | 2011.05.16 20:31 | edit
行動を起こすための思想でないといかん場合は多いですもんね
演劇と一緒やね、思想だけで何も行動を起こさない芸術的な舞台があるならそれはそれで見てみたいけれど
ルースィー | 2011.05.17 11:05 | edit
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。