背油カンパニー
劇団背油こってり団長のブログ
プロフィール

ルースウィー・ラブグッドウィル

Author:ルースウィー・ラブグッドウィル
大分で活動する劇団背油こってりの団長ルースウィー・ラブグッドウィルのブログ
背油こってりはわかりにくい世界観とわかりやすい魂を表現することを目指した劇団

最近大分戯曲研究会発足しました
大分市内で月に一度課題戯曲についてディスカッションします
興味あったら連絡下さい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり第五回(解散)公演「BUGS」

脚本
ぶりちゃん

演出
ルースィー・ラブグッドウィル

日時 2012/03/20(火・祝)
   昼の部:開演14:00 (開場13:30)
   夜の部:開演18:00 (開場17:30)
   
お金 前売:1,200円
   当日:1,500円
会場 AT HALL


あらすじ・解説など
「世界はもっと、広いんだ」と少年は言った。
「馬鹿なことを言うな」と父親は怒鳴った。
「たかだか直径4キロなのだし、そんなに広くはないと思うのだけれど」とアンドロイドは言った。
「彼はなにを言っているんだい」と市民は言った。
「彼は、大丈夫なのかい」と市民は言った。
端に壁なんてない。世界はもっと、はるかに広いはずなんだ。

※これで最後の公演となります
 解散後はほぼ絶対確実に再結成しません
 背油では最後の演劇です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
劇団背油こってり公演情報

九州若手規格#1 ムニムニ

期間  2011/12/16(金) ~ 2011/12/18(日)
会場  枝光本町商店街アイアンシアター
料金 1,500円 ~ 1,800円
発売日 2011/10/16
前売1800円
当日1500円
サイト http://munimuninet.jugem.jp/


【出演団体】

劇団ブルーエゴナク(北九州)
WETBLANKET(福岡)
不思議少年(熊本)
劇団背油こってり(大分)


九州を活動の拠点とする今一番熱い若手演劇人たちが「面白いことやろうじゃないか」と立ち上げた団体「九州若手規格」のイベント第1弾!
ピチピチじゃない、ムニムニとした感じが伝わること間違いなし!
九州各地(北九州・福岡・大分・熊本)より集った4劇団が同日に同場所で、それぞれの作品をぶつけ合います。

仲良くしたいだけじゃない。
すきあらば出し抜きたいんだ。

若手同士の熱のぶつけ合い、見逃すな!

無事終了しました
ありがとうございましたー
~~~~~~~~~~~~
ついったー→hiroshixi
めーる→da.hiroshi.code\gmail.コム
\を@にコムをcomに

どうぞどうぞ

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
Twitter

hiroshixi < > Reload

ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リノセロス





先週末、今大分市美術館に来ているテオヤンセン展に行ってきました
風を食べてわしゃわしゃと進む造形物です
一度はテレビなどで観たことあろうあれです

テオヤンセン氏は生物の進化をテーマにビーチアニマルを創り続けていて
その歴史や哲学のようなものを美術館で見ることができます
ビーチアニマルの実物ももちろんあり、デモンストレーションもあります
とにかくでかいのがギッチギチと動くのは、たまらん迫力です



驚いたのは
展示を見るまでは、単純に面白い機構で歩くものだと思っていましたが
ビーチアニマルは単なる立体造形のアート作品ではなく
これまでの進化の系譜こそが芸術作品であることでした

もちろんデザインも機構も素敵で美しいのですが
あれらの機構やデザインはアニマルを生み出すための副産物であったのでした



それで俺は
長い長い時間軸でみるとまだ進行中のライブじゃねえのかなあと感じました
そして興味深いのは、それを計算して創っていくわけではなく
進化と淘汰を繰り返して創作されていくというその過程です

人間がライブで作品をつむいでいくってものを俺もやっていく以上
生でやる意味ってのに対するアプローチがいっこ見えた気がしました

いやぁいいね、かっこいいよビーチアニマルたち

半年くらい舞台の無い空白期間でぼんやりしてます
なんかしらやれんかいなぁ・・・

日々は執筆と背油の稽古とカモミロの稽古とまあ学校で充実というか、忙しくさせていただいてはいますけれど
どうもなんとも、生きた心地のしない
梅雨だからだろうかしら


私自身は来年からの身の振り方とかも具体的に決まらず
まあそれもいいんじゃなかろうかと思っていたり
場所だけ移して一年くらいかけて活動の方向性を探ろうとか思ってます
多分北九州に帰るんじゃねーかなー
どこか安いアパート借りてコンビにか何かで働きつつ生活とか
しばらくそうやって生きてみよう
問題はどの地区に住むかであるなあ、いかがしようかしら
名前も変えよう、面倒だから本名に改名しちゃおう
もう一個の問題は、どのようなスタイルで演劇をやるかですなぁ
正直これが一番問題
どっかで修行しつつのおちついたりいい出会いがあればユニットでも組んでやるってのがいまんとこ理想系
うーん、誰かに相談いたそうそうしよう



しかしまだまだ目先の話
背油とカモミロ、両方大体公演日決まりましたんで告知

theatrical torero camomillo
タイトル 情報解禁待ち
作演出キャスト 情報解禁待ち
日程 9月4日or11日
場所 ATHALL
チケット 未定

私ルースィー・ラブグッドウィル(劇団背油こってり)が出演します
私が演劇に出会ったころからとても大きな影響を受けている劇団です

大分で面白い劇団と問われると、私はもちろん背油と、そしてトレロカモミロをあげるでしょう
憧れの舞台についに(?)あがります、夢の競演です
背油ファン(いらっさるのだろうかしら?もしいらっさったら)必見の舞台です

ほとんど情報スカスカですが稽古はぎっしりいいボリュームでおこなっております
チケットは8月後半より発売予定です
ご期待ください




大分舞台芸術フェスティバル2011出品作品

劇団背油こってり第4回公演
「ネコとネズミの、あるいはラフストーリー」

作演出 ルースィー・ラブグッドウィル
日程 10月9日 昼夜二回公演
場所 ATHALL
チケット料金 未定(おそらく1200円とかそこいらです)
※チケット発売日は決定しだいお伝えいたします

出演
全自動眼鏡掛機(大分大学演劇部)
ポン田蜜柑
ブリちゃん
西村圭介(レオナルド・くまんち)
こーじ


大分大学演劇部の奇才問題児、全自動眼鏡掛機さんと、レオナルド・くまんち主宰の西村圭介さんを招いての舞台となります
しっかり客演として招くのは初めてな気もいたします
いい化学変化を起こすと思います

進行状況、脚本執筆中

どんなおはなし?
背油の原点回帰であり、総集編でもあり、と位置づけた今作
どこにでもありふれたラフストーリーを、背油っぽい世界観で人間、社会的な観点から豊かに表現
どんな作品って言われてもうまく説明できない
ラジオでもやってインタビュー形式でやってみようかなぁ
朝のハリウッド新作紹介のあれみたいに

二年間ほど構想を練っていた完全新作です
すげーのをお見せできると思います、ご期待ください

大分戯曲研究会、第一回目の研究会やりました
総勢12人の人が集まってくれました
どうなるか実績も見通しもないのに、信じて集まっていただき、ありがとうございます
脚本が楽しくなるいい会への第一歩だったと思います
なにより私は楽しかったです

第一回目の本日は横山拓也さん作の「エダニク」を使わせてもらいました
ぐいぐいと引き込まれる世界観と魅力的な登場人物、軽快な会話文が素敵な作品でした


一回目でどうなるか不安でしたが、しっかりディスカッションになり、私も勉強になりました
まだまだ私含めて、参加者もそうだと思いますが、ノビシロのようなものが遠くまで見えたと思います
これからが本当に楽しみで、次回の戯曲選びを楽しくやれそうです

次回6月25日のまた土曜日です
興味ある方、どうぞお気軽に参加お待ちしております

よくない、更新をしない
続かない、実によくない
豆じゃない、だからおいらはもてない
よい子はまねしないように


FPAP主催の観劇ディスカッションツアー終了しました
ほんで昨日東京から帰ってきました

東京では計5本の芝居をみて、四本についてディスカッションをしました
それぞれの芝居の感想とかそういうのはまた別でまとめます



今回のディスカッションツアーで期待していたことは出会いと東京という土地の確認でした、確か
出会いはとてもグッドでした
ツアーに参加した演出、脚本家の方々は個性的で刺激的な人たちで、熱い人たちでした
勉強もしているし演劇に対して悩んでもおられ、そしてしっかりと目を向けているところがある
具体的に行動もしている
見習うべき人たちでした

FPAPから同行していただいたお二人にもお世話になりました
すっかり甘えきっていました
電車の乗り換えにしろ、ディスカッション中にしろ
ディスカッションのやり方とか、空気とか、学べたと思います

んで、みなさんがおいらに出会えたことが一個収穫とまではいかないでも
なにかしらよかったと思ってもらえてたら相互の出会いとしてしあわせやと思います

出会い、結果は、期待以上でした
期待以上だろうなーって思ってたから、期待通りといやあ期待通りでした



地域性に関しては、結論はわからねえ!でした
二、三日じゃ空気も傾向もつかめねえ
なお人が多いところじゃなおさら

演劇は予想以上に面白かったです
それぞれの信じる芸術に真摯に向かい合って、そして強く訴えてくる
そんなものばかりでした

ある一定以上のクオリティであることが当たり前に行われている
自分がそれにかかわること、また先輩がそうであること

それと、東京に行きたいという意識をもたないで
安心して自分の地盤、東京を発展させることができるということ

そこのへんが東京の強みであり、地方と決定的に違うところなんだと思いました
そういうの肌で感じることができてよかったです


あと、あの人口密度、あれは面白いね
電車とか
ATフィールドが人間的じゃない、怖い
あんなところで住んでたら感性変わるわ
ってのを感じた


おいらの収穫はそのへんかなぁ
きっちり得てきた、よきかな

あ、これから一定以上のクオリティの世界に切り込むこともあるかもわからんので
それくらい最低限やってねえと話にならんべってところは勉強しとかないかんね
俳優修行は読んでてよかった、んであれは基本を叩き込むためのメソッド本以上のものではないって思ってたことの確証が得られた
あれを後生大事にしてる人をみたこともないけれど

もうそろそろ初心者じゃおられんべ
あたりまえとされてることがわからねえのがこの土地の弱みだにゃあ
どっかからまるまる仕入れてきて広めるのがベストかなぁ




俺が大分代表でよかったと思います
ディスカッションツアーは脚本演出やってる人に参加資格があります
楽しかったですよ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。